犬だってリハビリが必要なのです

 

あまり知られていない動物へのマッサージ…

人間は怪我や手術後にリハビリをするように、犬にもリハビリが必要です。

近年では大学病院や動物病院でリハビリを取り入れる所もあり、マッサージへの理解が徐々に広まってきましたが以前は動物の手術をしたらそのまま自宅に帰すのが一般的でした。

 

怪我や手術を受けたりすると、体のシステムが影響を受け筋肉が弱り、手足の機能が衰え、痛みと共に、傷めた足を使わなくなる、動きが低下する、硬直する、炎症を起こすといった症状が引き起こされ、ますます動かなくなってしまうという悪循環に陥ってしまいます。

 

リハビリは手術後の回復を早めます。

以前は手術の後は患部を動かさない、使わないなど、安静にし患部を固定して完治を待つ事が多かったのですが、健康な個所までも筋力が衰えるなどデメリットがありました。

早期にリハビリを受けることにより、

腫れを抑える、疼痛の緩和・免疫力や運動能力の低下を抑える・ストレスの軽減など、さまざまなメリットがあり、早い回復が望めます。

 

 

マッサージケアーが役立つ病気の例

肘/膝/腰/ 股関節や関節の病気、脊椎系の病気、神経系の病気、手術後や怪我・病気のケアや回復にとマッサージの応用範囲はとても広く有効です。

 

Agui式メディカルケアドッグ

マッサージとは…

 

「世界で注目されるスウェーデン式メディカルケアドッグマッサージ。

アニマルケアの先進国であるスウェーデン、

オーストラリア動物理学療法の最新技術をもとに、獣医師の指導の下、解剖学や犬特有の疾病を重視し、開発された高レベルなドッグマッサージです。」(学校HPより引用)

「動物に対するマッサージは本来馬に対してのヘルスケアやリハビリの為に行われていました。犬の骨格、筋肉の構造及びその機能を理解し、ヘルスメンテナンスを行う欧米で療法として行われているアニマルマッサージを基礎とする本格的なドッグマッサージです。」

(学校のパンフレットより引用)

 

このような本格的なアニマルケアが修得できるドッグケアマッサージに特化した日本で唯一の学校Dogcare International Massage School Dog One Ginza の学院長が開発したのが、Agui式です。

2014年こちらで学び資格を取得しました。

 

現在、アジア各国をはじめ、欧米でも注目を集めているドッグマッサージです。

​営業時間

 

9:00〜16:00(事前予約制)

上記の時間帯以外でも

できる限り対応させて頂きす。

 

メールで24時間受付。

Prinkdog.jp@gmailcom

 

Tel : 090-8500-9959

不在の場合は伝言をお残し下さい。

緊急以外は9〜20時の間で

折り返しご連絡させて頂きます。

© Copyright 2015 by Prink Dong.   本サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。